Google

2005年10月09日

なんだか悔しい@日本GP決勝

鈴鹿で行われた日本GPは17番手からスタートしたK・ライコネンが優勝しました。
ライコネンはファイナルラップに入るメインストレートから1コーナーの進入でフィジケラを交わし、トップに立つという逆転劇を演じ、マクラーレンに貴重な10ポイントをもたらしました。

2位には最終ラップまでトップだったフィジケラ、3位にはアロンソがはいり、レースが終わってみれば、マクラーレンとルノーというトップ2チームが表彰台を独占するという結果になりました。
それにしても、フィジケラは開幕戦以来の優勝が目の前だっただけに、悔しいでしょう。

毎年、日本GPはシーズン終盤に行われるためか、そのシーズンを集約したようなレース内容になる気がします。 今年の日本GPも、そんな今シーズンを象徴するかのようなシーンが見られたレースになりました。

スタート後の1コーナーでは、琢磨がコースアウト。スタートダッシュが悪かっただけにちょっと頑張りすぎたようです。 その後セイフティカーの投入で、若干救われた感じがあるものの、5番手スタートのアドバンテージはいきなりなくなってしまいました。 これも何か今シーズンの琢磨を象徴しているような・・・。 なかなかうまくいかないものです。

SCが退いてリスタート後は、前チャンピオンM・シューマッハーvs現チャンピオンF・アロンソvs次期チャンピオンK・ライコネンの争いが白熱しました。 迫り来るルノーのアロンソと、マシン的に劣るフェラーリで押さえ込んでいくミハエルの戦いは手に汗握るものがありました。

結局ミハエルは20周目の130Rでついにアロンソに抜かれ、ピットイン後も続いていたライコネンとのバトルにも敗れてしまいました。 今のフェラーリでは仕方がないとは言え、世代交代が言われた今シーズンを象徴するかのような、ミハエルとっては屈辱的な日本GPとなってしまいました。

ポールポジションを獲得し期待されていたトヨタのR・シューマッハーは、3ストップ作戦で燃料が軽かったことが判明。 結局8位入賞したものの、レース前の期待感を思うと、満足できない結果となってしまいました。 予選での速さはあるのもの、決勝のペースがトップに及ばないという今シーズンのトヨタを象徴しています。

レース後に解説(地上波)の鈴木亜久里氏が言ったようにホンダにとっても、トヨタにとっても、琢磨にとっても、ミハエルにとっても、なんだか「悔しい」レースとなった今回の日本GPでした。

【日本GP 決勝 結果】
Pos.ドライバー=コンストラクターズ=Time
01 K・ライコネン=マクラーレン=1:29:02.212
02 G・フィジケラ=ルノー=+ 1.633
03 F・アロンソ=ルノー=+ 17.456
04 M・ウェーバー=ウィリアムズ=+ 22.274
05 J・バトン=BARホンダ=+ 29.507
06 D・クルサード=レッドブル=+ 31.601
07 M・シューマッハー=フェラーリ=+ 33.879
08 R・シューマッハー=トヨタ=+ 49.548
09 C・クリエン=レッドブル=+ 51.925
10 F・マッサ=ザウバー=+ 57.509
11 J・ヴィルヌーブ=ザウバー=+ 58.221
12 R・バリチェロ=フェラーリ=+ 1:00.600
13 佐藤 琢磨=BARホンダ=+ 1 laps
14 T・モンテイロ=ジョーダン=+ 1 laps
15 R・ドーンボス=ミナルディ=+ 2 laps
16 N・カーティケヤン=ジョーダン=+ 2 laps
17 C・アルバース=ミナルディ=+ 4 laps
------- 以上完走扱い --------
18 J・トゥルーリ=トヨタ=+ 43 laps
19 A・ピッツォニア=ウィリアムズ=+ 44 laps
20 J・P・モントーヤ=マクラーレン=+ 52 laps


日本GP決勝:ライコネンが最終ラップで逆転優勝!!


posted by かずさのすけ at 17:56| Comment(5) | TrackBack(13) | F1-GP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

日本勢にはめぐみの雨?@日本GP予選

日本GPの2日目は、ウェットコンディションの中で行われました。
雨にもかかわらず、コンディションが急激に変化するというわけではなくセッションは進んでいきましたが、16番目アタックのバリチェロが走りはじめたあたりから、雨が強くなりだしました。 それ以降の、フィジケラ、M・シューマッハー、アロンソ、ライコネン、モントヤは雨の影響を受けて良いタイムを出すことが出来ませんでした。

【日本GP 予選結果】
Pos.ドライバー=コンストラクターズ=Time
01 R・シューマッハー=トヨタ=1:46.106
02 J・バトン=BARホンダ=1:46.141
03 G・フィジケラ=ルノー=1:46.276
04 C・クリエン=レッドブル=1:46.464
05 佐藤 琢磨=BARホンダ=1:46.841
06 D・クルサード=レッドブル=1:46.892
07 M・ウェーバー=ウィリアムズ=1:47.233
08 J・ヴィルヌーブ=ザウバー=1:47.440
09 R・バリチェロ=フェラーリ=1:48.248
10 F・マッサ=ザウバー=1:48.278
11 N・カーティケヤン=ジョーダン=1:48.718
12 A・ピッツォニア=ウィリアムズ=1:48.898
13 C・アルバース=ミナルディ=1:50.843
14 M・シューマッハ=フェラーリ=1:52.676
15 R・ドーンボス=ミナルディ=1:52.894
16 F・アロンソ=ルノー=1:54.667
17 K・ライコネン=マクラーレン=2:02.309
18 T・モンテイロ=ジョーダン=no time
19 J・トゥルーリ=トヨタ=no time
20 J・P・モントーヤ=マクラーレン=no time

一方で、雨に助けられたのは日本勢です。
トヨタはトゥルーリがデグナー2個目でスピンしてno timeに終わったものの、ラルフがトヨタに地元でのポールポジションをもたらしました。 ラルフの走りは終始安定していてスムーズに見えました。 これもニューマシンの効果でしょうか。
決勝でラルフ+TF105Bがどこまでやれるのか、楽しみです。

PPこそトヨタに奪われたものの、2番手にはBARホンダのJ・バトンがきました。 そして鈴鹿で強い琢磨も5番手につけています。
琢磨は本当に鈴鹿と相性が良いようで、今シーズンのこれまでの不運を吹き飛ばし、チャラにするような、そんな結果が出ることをを期待させます。
  めざせ表彰台!

それにしても、予選中継で気になったのは、山本左近をF1に乗せたいという話題の中でマッチが亜久里に言った言葉。
「おねがいしますよ〜」
これは11番目のチームに亜久里が絡んでいるということでしょうか?
それともマッチは一般論で言ったのでしょうか?
マッチが発言した後に一瞬放送席が沈黙し、微妙な空気が流れた気がしたので、大変気になります。

【関連ニュース】
公式予選:波乱の予選でラルフがPP獲得!! 

posted by かずさのすけ at 17:53| Comment(2) | TrackBack(10) | F1-GP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

いよいよ開幕@日本GP

いよいよ日本GPが開幕しました。
今年は既にドライバーズタイトルが決定しているので、それほど張り詰めた雰囲気はないものの、コンストラクターズタイトルのほうは、マクラーレンとルノー差が残り2戦でわずか2ポイントという超接近戦です。 速さのマクラーレン対信頼性のルノー。 今の流れや、鈴鹿との相性は若干マクラーレンのほう良いように思いますが、どうなるでしょうか。

金曜日の主なニュースは次のとおりです。

トヨタ Bスペックで上々の滑り出し 
トヨタは噂のBスペックシャシーを投入しました。
ラルフとトゥルーリのレースドライバーが、そのTF105Bをはしらせました。
Bスペックマシンは、マクラーレン風のハの字型フロントサスペンションが特徴的です。
良いと思われるものは、すぐに採用するのは善くも悪くも、いかにもトヨタらしいです。


ジョーダン 左近、金曜日ドライバーの務めを果たす 
ジョーダンから金曜日の第3ドライバーを任された山本左近は、2回のセッションともレギュラードライバーを上回るタイムをだし、存在をアピールしました。 直前のテストではF1マシンの扱いに苦労しているとも伝えられていただけに、適応能力の高さを示しました。


金曜フリー走行1:ライコネンがエンジンブロー! 
ルノーとコンストラクターズタイトルを争っているマクラーレンは、ここに来てまたエンジンブローです。
結局マクラーレンというか、メルセデスはシーズンの1年をとおして信頼性を確保できなかったことになります。 またしても(いったい今年何回目?)ライコネンは後方からの追い上げになりそうですが、それはそれでレースを盛り上げてくれそうです。

フリー走行1 リザルト


金曜フリー走行2:トヨタのゾンタがトップタイム! 
あいかわらず金曜日のゾンタは速いですが、このタイムは旧型シャシーで出したものです。
Bスペックシャシーの2人もラルフが6位、トゥルーリが7位と順位は悪くないのですがマシンの熟成不足がちょっと心配です。

フリー走行2 リザルト


BARホンダ 週末の残りへ期待のできる初日! 
琢磨は1回目が8位、2回目が13位とまずまずの滑り出しでした。
琢磨は鈴鹿と相性も良いし、「アンラッキーさえなければ結果はついてくる」はずなので、このままの調子でまずは予選で上位グリッドを獲得し、決勝へそして来季へつなげて欲しいです。

posted by かずさのすけ at 22:54| Comment(1) | TrackBack(4) | F1-GP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

オールホンダ誕生・・・

ホンダがBARH.Ltdの株式を100%取得し、2006年から"ホンダ"F1チームが誕生することが発表されました。

とりあえずは、おめでたいニュースなんだろうけど・・・。琢磨のシート喪失が決定したばかりなので、なんか素直に喜べないような気も・・・。

一番よく分からないのは、なぜチームの買収を決断したのがなのか?です。 2006年でメインスポンサーのBATが撤退するということが決定的な理由だとしたら、買収せざるを得なかったということになり、消極的な理由で、ホンダらしくないような・・・。

2000年から始まったホンダの第3期F1活動は、車体やチーム運営にどの程度又はどのように係わっていこうとしているのかホンダ自体の姿勢が明確ではなかったように思います。 6年かかったものの今回の決定で、これからはホンダがチーム運営のすべてを取り仕切ることになりました。 これまでの経緯に疑問点はあるものの、責任の所在が明確になり、結果的には良い方向に進むと思います。
日本企業もスポンサードしやすくなるのでは!?

ところで、今回の発表でホンダは、新規参入を予定している11番目のチームにエンジンを供給する用意があることと、そのチームから琢磨がオファーを受けていることが発表されました。

そのチームがどこかということは「F1以外のレース経験はある」ということ以外、一切言及されませんでした。(カーリン・モータース?) ただ、どんなにエンジンが良くても、近代のF1で参戦1年目から好成績を得ることはかなり難しいことだと思います。
そのチームにはちゃんとした風洞施設があるのか? 工場は? レース戦略を組み立てられるディレクターは? 各サーキットのセッティングデータは? と言うふうに、新チームは不安要素が数多くあります。

琢磨はホンダとともに歩む可能性が高いと思いますが、この新チームを選ぶことが本当にベストな選択なのかは疑問です。
ただ、琢磨が来季もF1で走っていることが確実になってきたので、この点では嬉しい限りです。

【関連ニュース】
ホンダ BARを買収
Honda、BARH Ltd.の株式を全額取得

posted by かずさのすけ at 21:30| Comment(3) | TrackBack(5) | F1-ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ブルーノ・セナと井原慶子@英国F3Rd19-20

mondellopark_map.gif


遅ればせながら・・・たらーっ(汗)
9月18日にアイルランドのモンデロパークで、英国F3のRd19-20が行われました。
Rd19は、今年のチャンピオンであるA・パレンテが勝ち、Rd20はS・ケインが勝ちました。

ブルーノ・セナと井原慶子の結果は以下のとおりです。
【ブルーノ・セナ】
Rd19 → 12位 
Rd20 → 14位
    (チャンピオンシップクラス10位:1ポイント)

【井原 慶子】
Rd19 → リタイヤ
Rd20 → リタイヤ

【ポイントランキング】
ブルーノ・セナ 11位(60ポイント)
井原 慶子 16位(11ポイント)

最近の2ラウンドで速さを見せていたブルーノですが、今回は不発だったようです。 ポイントランキングも10位から11位に下がってしまいました。
英国F3も残りは、シルバーストーンラウンド(2レース)だけです。
出来れば、今年中に勝ってくれ! byA・セナファン

英国F3ポイントランキング(チャンピオンシップクラス)

posted by かずさのすけ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。