Google

2005年11月13日

A・ニューエイ、ちょっと意外な移籍先

レッドブルチームが、A・ニューエイの獲得を発表しました。

ニューエイがマクラーレンを出るという噂は昨年からありましたが、移籍先がレッドブルとは意外でした。
これは、レッドブルが真剣にF1の世界で頂点を目指している証拠と言えるでしょう。

ニューエイが同チームに加入するのは、2006年2月からということなので、ニューエイのデザインしたレッドブルのマシンが走り出すのは2007年からになりそうです。
ということで、これによって来年からいきなりレッドブルが速くなるということはないでしょう。

そして来年のマクラーレンのマシンも、ニューエイのデザインしたものだそうです。
ということで、おそらく来年もマクラーレンは速いでしょう。

F1の世界におけるニューエイの実績は誰もが知るところで、ウィリアムズやマクラーレンのコンストラクターズタイトル獲得に貢献してきました。 ただ、数年ごとにハズレなマシンを生み出しているのも事実です。

例えば、89年のレイトンハウスCG891(だったか?)や去年のマクラーレンMP4/19、94年のウィリアムズFW16などは、空力的に攻めすぎた結果マシン全体のバランスを欠いたものとなってしまいました。

レッドブルがニューエイとともに成功を収めるには、マクラーレンのN・オートレイやウィリアムズのP・ヘッドなど、保守的なデザイナーと組ませることが、ひとつのポイントだと思います。

【関連ニュース】
レッドブル ニューエイの獲得を発表!
ニューエイ MP4−21の開発を継続

posted by かずさのすけ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | F1-ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。