Google

2005年10月19日

中国GPファステストラップ

【中国GPファステストラップ】
Pos.ドライバー=チーム=time=lap
01 K・ライコネン=マクラーレン=1:33.242=56
02 F・アロンソ=ルノー=1:33.536=45
03 G・フィジケラ=ルノー=1:33.563=54
04 C・クリエン=レッドブル=1:33.727=43
05 R・シューマッハー=トヨタ=1:34.035=44
06 F・マッサ=ザウバー=1:34.094=43
07 M・ウェーバー=ウィリアムズ=1:34.271=53
08 J・P・モントヤ=マクラーレン=1:34.501=15
09 A・ピッツォニア=ウィリアムズ=1:34.560=52
10 D・クルサード=レッドブル=1:34.585=54
11 J・ヴィルヌーブ=ザウバー=1:34.713=53
12 J・バトン=BARホンダ=1:34.766=53
13 R・バリチェロ=フェラーリ=1:35.011=18
14 J・トゥルーリ=トヨタ=1:35.347=16
15 佐藤 琢磨=BARホンダ=1:35.587=17
16 M・シューマッハー=フェラーリ=1:35.877=16
17 T・モンテイロ=ジョーダン=1:36.563=13
18 R・ドーンボス=ミナルディ=1:36.894=54
19 C・アルバース=ミナルディ=1:37.215=48
20 N・カーティケヤン=ジョーダン=1:37.398=17

最終戦中国GPのファステストラップはK・ライコネンでした。
レースではF・アロンソが逃げ切り優勝しましたが、レースペースでは最後までマクラーレンに分があったようです。
ルノーは1年間を通して、総合力でドライバーズ、コンストラクターズの両タイトルを獲得したと言えるでしょう。
逆にマクラーレンは、シーズン終盤になっても信頼性を確保できなかったことが敗因と言って良いでしょう。

今回はレースで5位に入ったクリエンと、3位表彰台を獲得したラルフが敢闘賞と言うところでしょうか。 ファステストラップからもクリエンが4位、ラルフ5位と好調だったことがうかがえます。

それにしてもトヨタはTF105Bになってから、トゥルーリとラルフの勢いが逆転した感じです。 ニューシャシーはラルフには乗りやすく、トゥルーリには乗りにくいものだったのでしょうか?

フェラーリ、BARホンダはともにこの中国GPでは良いところがありませんでした。
この中では8位入賞したバトンでさえ、ベストタイムでは12位というありさまです。

来年はエンジンの排気量が変わるという、大きなレギュレーション変更があるので、この2チームには何とか復活して欲しいです。

posted by かずさのすけ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | F1-GP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。