Google

2005年10月11日

日本GPファステストラップ&琢磨のニュース

【日本GP ファステストラップ】
Pos.ドライバー=チーム=time=lap
01. K・ライコネン=マクラーレン=1:31.540=44
02. F・アロンソ=ルノー=1:31.599=21
03. G・フィジケラ=ルノー=1:32.522=19
04. J・バトン=BARホンダ=1:32.754=19
05. M・シューマッハー=フェラーリ=1:32.763=25
06. R・シューマッハー=トヨタ=1:32.795=9
07. M・ウェーバー=ウィリアムズ=1:33.022=21
08. D・クルサード=レッドブル=1:33.023=18
09. R・バリチェロ=フェラーリ=1:33.133=52
10. F・マッサ=ザウバー=1:33.232=42
11. J・ヴィルヌーブ=ザウバー=1:33.288=50
12. C・クリエン=レッドブル=1:33.499=49
13. 佐藤 琢磨=BARホンダ=1:34.186=28
14. T・モンテイロ=ジョーダン=1:35.458=17
15. N・カーティケヤン=ジョーダン=1:35.887=11
16. C・アルバース=ミナルディ=1:36.039=33
17. R・ドーンボス=ミナルディ=1:36.574=50
18. A・ピッツォニア=ウィリアムズ=1:36.711=9
19. J・トゥルーリ=トヨタ=1:37.428=9

日本GPのファステストラップは、ライコネンでした。(いったい今年何回目?)
2番手は僅差でアロンソが続きました。これはチームメイトで3番手のタイムをだしたフィジケラを1秒弱離してのものです。
今年の主役である2人が、ファステストラップでも他を圧倒しています。

ポールポジションを獲得して注目を集めたトヨタTF105Bに乗るラルフは、6番目のタイムにとどまりました。 トゥルーリもニューシャシーに関して、あまり良いコメントを残していないことを考えると、Bスペックシャシーはまだまだ熟成不足のようです。

コースオフや接触がマシンに微妙に影響を与えたと思われる琢磨は、13番目のタイムでした。 予選5番手からのスタートだっただけに、1コーナーでのコースオフが本当に悔やまれます。

それにしても、琢磨はトヨタ陣営から批判されまくっています。
来季のシートの候補には、ミッドランド(トヨタ)という選択肢もあるはずなので、悪い影響が出なければ良いのですが・・・。

さらに、中国GPではデビットソンと交替という噂も。
来季も含めて、いったいどうなることやら・・・。

【関連ニュース】
BARホンダ 中国GPで佐藤 琢磨を交代か? 

posted by かずさのすけ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(2) | F1-GP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7994430

この記事へのトラックバック

F−1日本上陸!
Excerpt: モニカです!興奮したぜ!F−1日本GP!いやぁ・・最高のレースだった!!日本期待のBAR HONDA佐藤琢磨。悔しいレースだったね。今シーズンは運がない・・最強の皇帝、フェラーリ・シューマッハもどうし..
Weblog: モニカ隆太郎の「美log」
Tracked: 2005-10-11 22:48

日本GP 決勝レポート
Excerpt: ライコネンが大逆転勝利、死闘を制す!
Weblog: 最新F1news & Result
Tracked: 2005-10-12 23:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。