Google

2005年09月03日

琢磨が来てます!@イタリアGP土曜日フリー走行

【イタリアGP 土曜日フリー走行2回目】
Pos.ドライバー=コンストラクターズ=Time=Laps
01 K・ライコネン=マクラーレン=1:20.916=8
02 J・P・モントーヤ=マクラーレン=1:21.318=10
03 佐藤 琢磨=BARホンダ=1:21.399=13
04 F・アロンソ=ルノー=1:21.548=13
05 J・トゥルーリ=トヨタ=1:21.884=14
06 G・フィジケラ=ルノー=1:21.951=12
07 M・ウェーバー=ウィリアムズ=1:22.066=7
08 D・クルサード=レッドブル=1:22.291=16
09 C・クリエン=レッドブル=1:22.345=12
10 M・シューマッハー=フェラーリ=1:22.395=14
11 R・バリチェロ=フェラーリ=1:22.437=13
12 J・バトン=BARホンダ=1:22.558=13
13 J・ヴィルヌーブ=ザウバー=1:22.701=12
14 R・シューマッハー=トヨタ=1:22.710=11
15 A・ピッツォニア=ウィリアムズ=1:22.823=10
16 F・マッサ=ザウバー=1:23.389=12
17 T・モンテイロ=ジョーダン=1:23.472=15
18 R・ドーンボス=ミナルディ=1:23.676=14
19 C・アルバース=ミナルディ=1:24.104=12
20 N・カーティケヤン=ジョーダン=1:24.772=11

イタリアGP、土曜日のフリー走行は1回目2回目とも、あいかわらずマクラーレンが速く、ライコネン、モントヤが両セッションとも1、2番手でした。
そしてフリー走行2回目で、その速いマクラーレンに続く3位に来たのが、我らが琢磨ですexclamation フリー走行1回目でも7番手のタイムを出していて、ここまでは好調をキープしています。
何より注目すべきは、チームメイトのバトンをすべてのセッションで上回っていることです。これは今シーズン、初めての展開と言って良いのではないでしょうか。別にバトンに恨みはないけどバトンを倒し、存在感を示すことが今の琢磨には必要なことだと思います。
ぜひ、このままの調子で予選もイッて欲しい。(頼むから不運な出来事が起こりませんように)

地元のフェラーリは、フリー走行1回目こそM・シューマッハーが2番手のタイムを出したものの、バリチェロは11番手のタイムにとどまっています。 フリー走行2回目ではミハエルが10番手、バリチェロが11番手でした。 フェラーリはBSのタイヤ次第といった感じでしょうか? 夏場に比べて、若干気温や路面温度が低くなっている状況では、ミシュランのアドバンテージが大きくなってしまっているのかも・・・。
予選、決勝に向けてあまり期待できる要素が見つからない状態です・・・。

【関連ニュース】
土曜日 フリー走行1 
土曜日 フリー走行2 
土曜フリー走行1:ライコネンがトップタイム 
土曜フリー走行2:佐藤 琢磨がマクラーレンを追走!  
posted by かずさのすけ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | F1-GP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。